LogoVista辞典ブラウザでEPWING辞書を使う実験

急いで書いた備忘録なので、殴り書き&画像なしですがご容赦を。 

最近のPC辞書事情

世の中なんでもスマホタブレット一辺倒になり、辞書も例外ではありません。PCで辞書を使おうと思ったら、LogoVistaが残された唯一の選択肢になりつつあります。

www.logovista.co.jp

 

過去のEPWING形式の辞書を所有している人にとっては、LogoVistaを導入することで使う辞書ブラウザが2つになってしまい、作業効率は落ちるし、管理もわずらわしくなります。

これまでは、LogophileやEBWin4など、LogoVista形式が読める汎用辞書ブラウザを使うことでブラウザの一元化が可能でした。ところが、ここ最近LogoVistaが出す辞書は暗号化?がされていて、ついに専用ブラウザでしか使えなくなってしまいました。

matome.naver.jp  


Logophile

EBWin4

辞書ブラウザを2つ使い分けることが面倒でない人はそれでよいのですが、私は使うソフトはなるべく減らしたいので、回避策を探しました。

そこで気付いたのが、LogoVista付属の専用ブラウザにも、EPWING形式の辞書を読み込む機能が一応ついていることです。ところが、CD-ROMの辞書を入れて使うことを前提にしており、HDD(SSD)に移したデータは読めません。なんとかPCに入れたEPWINGのデータを使えないかと、

EPWING辞書データを入れたHDD(SSD)を、仮想のCDドライブとして使えるように試した方法 

 をメモしておきます。 

最初にお読みください:結果は・・・失敗_| ̄|○

「読んで損した!」と言われないように、結論を先に書いておきます(笑)

以下で説明する方法を試した結果、読み込みには成功したものの、辞書によっては表示が乱れてしまい、実用レベルにはもう一歩、という感じでした。 

私の持っているデータでは、例えば「ジーニアス英和大辞典」は見出し語のみ表示されて本文が表示されませんでした。「リーダーズ第3版」は、多少レイアウトがおかしい部分がありますが、ざっと見る限りでは「まあ使えなくはないかな…」といった印象です(精査はしていません)。 

   ただ、元のデータに問題があった可能性も否定できません。私はLogoVistaのデータをdessedというツールでEPWING形式に変換したものしか持っていないので、それが原因かもしれません。正規にEPWING版として売られているCDから抜いたデータで試してみたいところですが、あいにく私はCD-ROM版の辞書を持っていないので確認できないのです。 

もう1つの大きな問題として、LogoVistaのブラウザではEPWING辞書が追加できたとしても、串刺し検索ができないことが分かりました。串刺しするための辞書グループを作る段階で、EPWING辞書は選択肢に出てきません。CD版EPWING辞書を使えるといっても、やはりあくまでも「おまけ機能」のようです。

 とりあえず読み込む方法を試しただけなので、表示不具合の解消方法は研究すれば見つかるかもしれません・・・が、串刺し検索ができないと判明した時点で私のやる気はゼロになり、これ以上追究はしません、ごめんなさいm(_ _)m

試してみようという奇特な方のために方法の解説

 LogoVistaの専用ブラウザEPWINGのデータを読むには、データがCD-ROMに入っている必要があります。EPWINGデータをCD-ROMに焼けば使えますが、手間・読み込みスピードの点で現実的ではありません。そこで、HDD(SSD)にEPWINGのデータを入れて、「仮想CD-ROMドライブとしてマウントして使う」ことで可能にします。

 

  ざっくりとした手順。  

 

  • 手順1 既存のEPWINGの辞書データをISOイメージに変換する。
  • 手順2 ISOイメージを仮想ドライブとしてマウントする。
  • 手順3 LogoVista辞典ブラウザでEPWING辞書として登録する。

 

 以上。やることは簡単です。細かいことはググればすぐ出てきます。 

 

ISOイメージ - Wikipedia

仮想ドライブとは?13インチ以下のノートパソコンには必見! – パソコンの問題を改善

 

 手順1は、フリーのISOイメージ作成ソフトFree ISO Creatorを使いました。他にも類似ソフトが有料・無料問わずたくさんあるので、何でもいいと思います。要は、CDにデータを焼き込むための「ISOイメージ」というものを作れるソフトなら何でもいいです。 

注意点としては、CATALOGSファイルがルート直下にくるように(CD-ROMだとしたら開いて最初に見える階層にくるように)イメージを作ることです。

 

  手順2は、Windows 10であればびっくりするほど簡単で、生成されたISOイメージファイルを右クリックして「マウントする」を選択すればおしまいです(あるいはISOイメージファイルを選択するとエクスプローラのリボンに表示されるディスクイメージツールから「管理」>「マウント」を選択)。 

yakudate.com 

マウントすると、PC内にあたかも新しいCD-ROMドライブが出現したかのように、新しいドライブ文字が割り当てられたドライブが出現します(ちなみにマウントを解除するには「取り出し」を選択)。

Windows 8以降ならこの簡単な方法が使えるらしいですが、Win8は所有していないので分かりません。また、Win10との細かい操作の違いは分かりません。 

 

Win8より前のWindowsだと、「仮想ドライブ」「ISOイメージ」などのキーワードで引っかかるこういうソフトなんかでできるようですが、私はWin 10しか所有していないので試していません。
 

手順3は、LogoVista専用ブラウザの辞典メニューから「CD書籍登録」を選択(またはCDアイコンをクリック)して、作成した仮想ドライブを選択すると、辞書名が表示され、「追加」すると使えるようになります。 

 

 今回はあくまで実験的にやったので、1つの仮想CDドライブに1つの辞書タイトルしか入れていません。こんな情報を参考にCATALOGSファイルをきちんと編集すれば、複数の辞書タイトルを1つのISOイメージに変換しても認識すると思います(実際には試していません)。 

 

 この方法でEPWINGの辞書は読めるようになりましたが、最初に書いたように表示がイマイチでした。

ただし、前述のようにもともとLogoVista版だったデータをEPWINGに変換したデータでしか試していないうえ、「ジーニアス英和大辞典」と「リーダーズ第3版」しか試してないので、この方法が実用的かどうかはまだなんとも言えません。EPWING版の正規CD-ROMから抜いたデータをお持ちの方や他のタイトルだとうまくいくかもしれません。  


 

LogoVistaがEPWINGの過去資産をHDDに入れたまま活かせるようなブラウザを提供してくれれば、こんな苦労をすることはないんですけどね。  

 

LogoVistaとしても、自社のデータを他のブラウザで使われたり、EPWINGに勝手に変換されたりすることは不本意でしょうから(だからこそ近年暗号化するようになったはず)、EPWINGと共存する方法を積極的に採用して欲しいものです。過去のEPWING資産が無駄になる心配がなくなり、1つのブラウザで見られるとなれば、「新しい辞書はLogoVistaを購入するか」というユーザーも増えるかもしれません(ただし公式辞典ブラウザの使い勝手がもう少し良くなれば…という条件付きですが)。 

 

 もし追加情報があれば書くつもりではいるものの、私の結論は「複数辞書をISOイメージにするためのCATALOGSファイルの編集が面倒」、「ちゃんと表示されるか確認が面倒」、「LogoVista専用辞典ブラウザより使い勝手の良い辞書ブラウザを使いたい」、そして何より「串刺し検索ができない!」という理由で、この案件はこれ以上深追いしないつもりでおります。今のところ、辞書ブラウザ2つを立ち上げておく手間の方がマシかな…と考えています。

 

--追記--

その後、対応しているフォーマットが多いという理由でLogophileをメインの辞書ブラウザとして使うことに決めたので EBWin4をメインの辞書として使うことにしました。EBWin4にはWEB検索機能があり、串刺し検索の問題は解決しませんが、少なくともブラウザを複数立ち上げておく問題からは解放されることが分かったためです。
よって、Logovistaの専用ブラウザを今後いじる機会はなくなり、この件はこれ以上進展しないと思われます。

Excel↔SRT字幕ファイル変換Excelマクロ(映像翻訳学習者向け )

f:id:hanbozu:20170729003059p:plain

 映像翻訳(字幕)学習用に作成した、Excel↔SRT字幕ファイル変換マクロ”をご紹介します。

 (ダウンロード先リンクは下の方にあります)

このツールでできること
  • Excelシート上の字幕データを、SRT形式の字幕ファイルに変換する
  • SRT形式の字幕ファイルをExcel形式に変換する
  • SRT形式の字幕ファイルの字幕表示タイミングを調節する  

効率よく字幕翻訳を学習したい人に最適

映像翻訳の学校や通信講座では、ExcelファイルやWordファイルで課題映像の字幕データを作成することがあります。

しかし、ExcelやWordでいくら作業しても、実際の映像上に字幕が表示された時のイメージはつかみにくいものです。筆者も映像翻訳を学んだ際、自分ではうまくできたと思った字幕も、実際に映像に乗せて見るとなんだかイマイチ、ということが頻繁にあり、学習効率は決して良いとは言えませんでした。どうせなら、学習初期から実際の映像で自分の字幕がどのように映るかを確認しながら学習したいですね。

 そこで、Excelに入力した字幕データを、SubRip Text(.srt)形式の字幕データに変換するツールExcelマクロで作成しました。 

字幕ファイル (.srt) の書き方 - カタカタ万歳! パソコン・デジモノ備忘録

※なお、本ツールは文字色や装飾などのスタイル情報はサポートしていません。

 このツールで作成したSRT形式の字幕データを映像翻訳の学習に活用する方法は主に2通りあります。

活用法1.自分の作った字幕を動画再生ソフトで表示させよう

多くの動画再生ソフト(フリーソフト含む)がこのSRT形式の字幕データに対応しています。自分で作成した字幕を表示させることで、Excel上だけでは分かりづらかった「文字は読みきれるか、読みやすいか」「前後のつながりが分かるか」「映像や音楽と合っているか」「キャラクターと表現が合っているか」「ストーリーの流れに合っているか」などが、直感的に分かりやすくなります。

字幕を表示できる動画再生ソフトは数多くありますが、フリーソフトで代表的なものに以下のソフトがあります。筆者は十分な機能がありシンプルなVLCを愛用しています。 

活用法2.学習中でも字幕制作ソフトを使おう

プロの映像翻訳者であればSSTなどの字幕制作ソフトを使用して仕事をするのが一般的です。学習中の身といえど、慣れておくためにも早いうちから専用ソフトを使って作業したいですよね。しかし、こういったソフトはとても高価なので、学習中の身ではなかなか手が出ません。

 そこで、字幕制作ソフトの中でも無料体験版のある“Babel”を学習に活用することをお勧めします。

字幕制作ソフトBabel 体験版(フリーソフト)とは? - 株式会社フェイス

 体験版なので機能制限はありますが、スポッティング(ハコ切りとも言う。字幕の表示タイミングを決めること)や字幕入力の基本的な機能は使用でき、学習用には十分です。これを使わない手はありません。

機能制限の主な点として、「プロジェクトの保存」ができません。そこで、SRT形式の字幕ファイルの出番です。この体験版で唯一エクスポート(保存)できるのが、SRT形式の字幕データなのです。作業をしてSRT形式でエクスポートしておけば、また次に読み込んで字幕制作を続けることができます。

ただし、文字色、縦書き、斜体、ルビなどは、ソフト上で作成する機能は使えるものの、残念ながらエクスポートはできません。また、プロジェクトの保存ができないため、使用するたびに画像や字幕ファイルを読み込んだり、映像の表示タイミングを調整したりという手間はかかります。

このような機能制限はあるものの、自分の入力した字幕が実際の映像に瞬時に反映されて確認できるので、作業効率(学習効率)という点でメリットは計り知れません

今回作成したツールには、SRTファイルをExcel形式に戻す機能もあります。これを使えば、Babelで作った字幕データをExcelファイルやWordファイルにコピペすることも容易なので、映像翻訳講座の提出用原稿を作成する際に便利です。

※Wordを使用して字幕データを作る場合、Excelファイルを対象とした本ツールは直接使用できないため、工夫が必要です。IN・OUTの時間(字幕の表示タイミング)もWordで書いてある場合は、Excelにコピペすることで本ツールを使用できます。IN・OUTの時間がなく字幕のテキストだけをWordで作成している場合は、まずBabelでスポッティングしたSRTファイルをまず作り、本ツールでExcelファイルに変換することでIN・OUT時間が入ったExcelファイルができますので、そこにWordから字幕テキストをコピペする方法をおすすめします。

Babelを使うか、他のソフトを使うか

単に字幕をリアルタイムで映像に合わせながら作業したい、という目的だけであれば、"Subtitle Workshop""Subtitle Edit"などの高機能なフリーソフトがたくさんあります。ファイルの保存もできるので、Babel無料版より使いやすい面もあります。趣味でやっている方や、自分の動画に字幕をつけたいだけであれば、こういったソフトの方が使いやすいかもしれません。

しかし、プロを目指して映像翻訳を学んでいる方であれば、ハコ切りの作業はBabelの方がやりやすいですし、プロが使う実質上の業界標準であるSSTに画面構成や操作性が似ているBabelに慣れておく方がよいと思います。

無料で使える字幕編集ソフト「Subtitle Edit」のセットアップ方法 - HARUSAME blog

Subtitle Workshop : 56種の字幕フォーマットに対応するリアルタイム字幕編集ソフト | フリーソフトコミュ

仕様・ 動作環境について

  • 本ツールは、Microsoft Excelのアドイン(Excelに機能を追加するツール的なもの)です。当然ながら、Excelをお持ちでなければ動作しません。アドインの概要や導入方法は以下のサイトやExcelヘルプを参考にしてください。
    ※手っ取り早く使いたい方は、アドインの設定をしなくてもダブルクリックで開いて使うこともできます。
    アドインとは【Excel・エクセル】
  • 本ツールを作成した環境は、Windows 10・Microsoft Excel 2010です。違う環境でのテストは行っていません。
    WindowsExcelの他のバージョンで動作するか、Macで動作するかは、申し訳ありませんが把握できておりません。
    お使いになった方で、「こういう環境で動作した(しなかった)」というコメントをいただければ他の方の参考になりますので、情報をお寄せください。

注意事項・免責事項

  • 本ツールの動作・不具合で生じた損害等には責任を負いません。元データは必ずバックアップを取るなど、使用者個人の責任において使用してください。 
  • あくまで筆者が個人的に使用するために作ったツールという位置付けです。不具合の情報があれば、可能な限り修正したいと考えていますが、必ず対応できるとお約束はできません。また商用ソフトウェアのようなサポートは提供できません。ご質問には可能な限りお答えしたいと考えていますが、日数がかかる場合や回答できない場合もありますのでご了承ください。
  • 本ツールの公開は予告なく中止する場合があります。
  • 改変や無断での再頒布はご遠慮ください。
  • “30Fr DF(ドロップフレーム)” は、厳密には0,10,20,30,40,50分を除く毎分最初の2フレームが落ちる決まりですが、本ツールでは簡易的に全体を29.97fpsで計算しています。厳密に考えればタイミングに細かい誤差が出る可能性がありますが、あくまで簡易的な学習用ツールとして割り切って使用してください。
    【参考】ファイルベース時代に学ぶ ビデオ技術(基礎編)第4回:タイムコードの概要と使用法 | ビデオ α

ダウンロード

→ダウンロードはこちら [字幕ツール.xlam]Ver1.1  

 

使用方法(※作成中)

使用方法の解説は作成中です m(_ _)m

ただ、大した機能ではないので、開けば直感的に使えると思います。

質問等あればコメントで送ってください(ただし免責事項のとおり、すぐにお答えできないかもしれませんのでご了承ください)。

更新履歴

バグ修正、機能追加等あれば随時更新します。

  • 2017/7/29 Ver1.0公開
  • 2017/8/10 Ver1.1 「使い方」の画面でDFの説明に誤りがあったため修正